消滅時効援用通知

「借りた記憶のない会社名や弁護士名で、督促状が届いたのですが、どうすれば良いでしょうか?」

数十年前にクレジットカードやカードローン等を利用した借金が返済出来ず、やむを得ずそのままにしていたところ、ある日突然、見知らぬ会社等から通知等が届く場合があります。これは、当時借りていた会社が自社での回収を諦め、他の会社へ債権を譲ること等により生じます。

支払が出来なかった負債については、一定の期間を経過することにより、時効にかかる場合があります。

その際の対応は、注意が必要です。一部の返済でもしてしまった場合、時効の中断事由に該当してしまい、時効にかからなくなります。その他に時効の中断事由あたるケースとしては、債権者からの提訴や、債権者との折衝の際の債務承認なども挙げられます。

借金問題はご自身だけでなく、周囲の方々を巻き込んでしまう重大な問題です。また、厄介な現実として、「債権者は何十年経っても、姿や形を変えて接触を図ってくる」ということです。そして、「いずれ対応が求められる」ということです。

債権者からの通知等に対し適切な対応をしなかったばかりに、解決に多大な労力を要するケースもあります。ご自身で対応した結果、借金返済で生活が蝕まれてしまったケースもあります。通知等を見たご家族の方が、債権者の対応にあたってしまうケースや、負債を抱えたまま万が一のことがあった場合、その負債は相続財産として、相続人が何らかの対応をする必要が生じます。

弊所では、消費者金融会社やクレジットカード会社はもちろんのこと、法律事務所やサービサー等、多くの債権者やその代理人からの通知を確認し、消滅時効の援用による解決をしてきた知見があります。債権者からの通知等を確認のうえ、豊富な経験に基づきご相談を承っております。緊急性が高い内容であれば、翌営業日中の通知発送も可能です。

弊所での処理方針としては、内容証明郵便の発送等により、後々問題が生じないように対応をしております。借金問題の解決に向けて確実な歩みを進めて行く方法の1つとして、消滅時効援用をご検討のうえ、弊所までお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

報酬 1通あたり 30,000円~(税込33,000円~) 

費用報酬含めご精算確認後に着手いたします。

ホーム » 消滅時効援用通知